交通事故ともしものための任意保険

自分だけは事故を起こさない、多くの人がこう考えています。
車の運転に慣れているから、ぶつけることもないし、大きな事故を起こすほどスピードも出さないから大丈夫という方もいますが、交通事故はいつ誰に起こるか、いつ誰にふりかかるかわかりません。
日本の法律では、車の事故で死傷した場合に、その最低限の保障ができるようにということで、強制保険の自賠責保険に加入することが義務付けられており、加入していない車を運転した場合、罰則が与えられます。

自賠責保険は、交通事故によって人を救済する保険で、怪我の保障や交通事故に対しての慰謝料など損害賠償に利用され、車の修理や交通事故によって公共物を破壊したり、民間の建物などを破壊したなどの物損に関わる部分は保障されません。
人身部分について保障があるとはいえ、上限額があり、傷害による損害は1名につき120万円までしか保証がありません。
後遺障害が残った場合には障害によって第1級が4000万円、第2級が3000万円の上限です。
死亡の場合も3000万円です。

交通事故の場合、通常、保険を適用せず自由診療によって医療費を支払いますので、120万円の上限はすぐオーバーしてしまいます。
物損に関わる部分も保証されないため、それを補うために、任意保険へ加入するのです。
自賠責で補えない部分を任意保険で補てんすることにより、大きな事故を起こした場合に責任を果たすことが可能となります。

近年不況の中で任意保険に加入しない人が多くなっています。
もし交通事故を起こし示談できず裁判となった場合、死亡事故の裁判では億を超えることも珍しくありません。
任意保険は被害者を守るためにも大切であり、加害者が責任を果たすためにも必要な保険です。
当サイトでは任意保険の加入の重要性を多くの方に知っていただきたいと作成しました。
交通事故当事者が納得に行く形で事故を終わらせることができるよう、当サイトで任意保険の重要性を理解していただけたら幸いです。